So-net無料ブログ作成

ナンとカレー(雅子の巻き) [食べる]

さて、さて。
私の1回目レシピは
ナンです。
まあ、安易ですな・・・笑。
でもね、カレーたくさん作ったんですよ~。
いつ、電気が供給されなくなるかもしれない。
だから、たっくさん。

IMG_1553.jpg

牛すじがやすく、たっくさん売っていたので
シャトルシェフでことことやわらかくしました。
牛すじが柔らかくなったところで
一度、牛すじだけ取り出し
小さく切って
スープに牛すじをもどして


話しはかわりますが
白金に福わうちという、居酒屋さんがあるのですが
私、そこの肉じゃがが大好きなんです。
ジャガイモも人参も玉ねぎもごろごろ大きくて。

というわけで、そんなイメージで。
じゃがいもは半分に切る程度。
人参も1本を4等分くらいの乱ぎり。
玉ねぎも4等分!笑。
お砂糖少しとお酒とローリエを入れて
またまた、シャトルシェフ。

柔らかくなったら
半分を肉じゃが。
半分をカレーに。

カレーはいいね。
ご飯だって、おうどんだって、ナンだって。
そらはカレードリアとかにしてたべてるし。

それではナン!

ナン

強力粉(スーパーで売っているもので十分) 250g
インスタントドライイースト(スーパーに売ってます) 小さじ1/2
砂糖 20g
塩 4g
水 120g
牛乳 60g
オリーブオイル 12g

以上。

ナンは手軽に作れるパン。
おおざっぱな計量で十分。
イーストは小さじ1量ってから、紙の上などにだし、目分量で半分くらいにすれば大丈夫。
水と牛乳は計量カップでおおよそ180ccでも。
オリーブオイルはおおさじ1くらいで。

混ぜるのは、HBで捏ねまでやっても。
HBがなくても、大きなボウルでひとまとめ
ざっと混ざったら、厚手のビニール袋へ。
15分くらいそのまま、放置。
その後、ビニール袋(ビニール袋は口をあけっぱなしで)
の上から手でぐにぐに混ぜてみてください。
粉っぽいところがなければできあがり。
3分くらいで十分。
お子さんも楽しくつくれると思います。

口をしばって、30分くらい室温に放置。
冷蔵庫に1晩放り込んでおく。

翌日、出した生地。
IMG_1555.jpg
ふくらんだかな??とかあまり気にせず。
ちゃんと冷蔵庫で発酵しています。

6個に分割(包丁で切れば十分です)
丸めて。濡れブキンをかけて15分くらいおく。
(その間にカレーを温めたりしてね)
15分たったら、手でぺたぺた伸ばす。
手にくっついちゃうようだったら、小麦粉を手につけて。
私は、インド料理屋さんのように手でペタペタ
派手な音をたててつくってみました。
手がちょっと痛かった・・・・

さて。ここから。
実は、金町のよく行くカレー屋さんに電話で
作り方を聞く(半分くらい何言ってるかわからにゃい~、笑)。
なるほど。
ヒントがいっぱいでした。

テフロンのフライパンを強火で熱する。
そこに、生地をじゅっと。
蓋をして2分。
目安は、水分がでてきたようなじゅじゅっという音がします。
それが裏返すポイントのよう。
そしてまた、2分。蓋をして
またまた、水分がでてきたような音がします。
そこで終了。ちょっと焦げたかも。
っていうにおい、笑。でもそれくらいが◎みたい。
強火で調理しているので必ず、火から離れないように。
とりあえず、じゅじゅっという音がわからなかったら
2分で区切ってくださいね。
(このナン生地、ピザ生地にもなりますよ。同じように焼いてサラダピザとかいかがでしょうか?)

IMG_1557.jpg
なんだか、久々作ったらわらじのよう。
(アツアツにバターをのせても。)
でも、そら君、美味しい美味しいと食べてくれました。

rfj2.gif

さて、続々とリレーをしてくれる仲間が。
そして、そのことを、テコナのHPを作成してくださった
教室・スクール情報サイト apres la classe
http://www.a-classe.com/
を立ち上げている
トボさんにお話したら素敵なロゴを作ってくれました。
トボさんありがとう。
ブログやHPに貼り付けます!

さてさて、第一回バトンを渡す人は
はなさんです。
http://creatrice-culinaire.blog.so-net.ne.jp/
ここ数日、このリレーのことで、何度となくメールのやり取りをしました。
「レシピ、完璧なものじゃなくていいじゃない?」という、彼女の優しさが
やっぱり好きだな。と、思います。
そう、こんな時に完璧なものなんていらない。
いつものお母さんのご飯。そんななにげないご飯、パン、お菓子
もしかしたらレシピもなし。と言う人もいるかもしれない。
そんな感じでつなげていきます。

じゃ、次回はなさんよろしく!


nice!(5) 

nice! 5