So-net無料ブログ作成
検索選択

バトン戻りました。そしてつなぎます。 [食べる]

rfj2.jpg
クリックしてみて~。すごいことになってしまった~。

おばま先生からバトンが戻りました。
実は、ずっとお会いしていない先生。
とっても素敵な先生。
私がお料理を習っていた先生です。
先生。
先を生きる。
私の周りには本当に素敵な「先を生きる」方々がいます。

お料理、習いに行くのは私の一番の趣味。
でも、途中行けなくなってしまったお教室も多い。
でも、先生方は必ず私に仰います。
「うちの教室にくるのは、また先でいいじゃない?
自分の教室にお越しくださる生徒さんがいるんだから。
その生徒さんのために、もっとレッスンしなさい。」って。
そんな先生方にお教室について。
食を通して世の中とつながっていくこと。
たくさんのこと教えていただきました。
その大切な先生の一人です。

落ち着いたら、また、先生の教室に通いたい。
宜しくお願いします。

さて。バトン。
なぜ、私がこんなことを始めたのか。
色々な思いがあります。

被災地の方々に直接、つながることじゃないかもしれない。
でも、
節電や募金の呼び掛け。
そして、最近、巷を揺るがす食の風評被害・・・
そんなこんな食を通して伝えられることがあるのではないか・・・
そんな風に思うからです。
私だけじゃつたない。うん、かなり頼りない、笑。
だから仲間と少しづつ知恵を出し合いすすもうかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、レシピレシピ
私の住む葛飾は輪番停電がありません。
でも、節電しています。
使わないものを徹底的に。
使うものもできるだけ使わない。
ワインセラーはこの時期いらない。
だから、ワインは寒い部屋に持って行って消しました。
夏じゃなくてよかった・・・
夏だったら、全部飲んじゃう・・・笑。

冷凍も3時間なら、開けなきゃ大丈夫っていうけどね。
パン。作っても、買ってもあまったパン。
これ冷凍せずにおやつやおつまみにしてみませんか?
私はテコナのむぎゅむぎゅ五穀ベーグルでつくりました。
IMG_1593.jpg
ベーグルは固いから切るのが逆にラクチン。
パン切りじゃなくて普通の切れ味のいい包丁できるとかなり薄くスライスできます。
本日は半分をうすくスライス。
半分は小さめに手でちぎりました。

でも、半分のレシピはちょと・・なので、1個分
今回はベーグル使いましたが、食パンなど。なんでも。

IMG_1596.jpg
特にうすくきったベーグルはできるだけ重ならないように広げ、2日くらいそのまま放置して乾燥させる。
その薄切りベーグルでつくったのがこちら。
IMG_1597.jpg
大学ラスク。

五穀生地なので
和風をイメージ(食パンでももちろんあいますよ)。

ベーグル1個分
砂糖 大3
水 小1
お醤油 小1/2くらい
バター 10g~15g

テフロンのフライパンに砂糖と水、お醤油をいれて加熱、そのまま半量くらいまで煮詰める
バターをいれたらそこに乾かしたベーグルチップをひとまぜ。
2~3分炒る。
そのまま、バットなどに広げておく。
冷めると少し硬くなります。

そして、もうひとつはお酒用のおつまみ。
IMG_1598.jpg

こちらは、レシピらしいレシピがない、とにかく目分量、笑。

ベーグル1個分は手で小さくちぎっておく。
くるみ(ローストする必要はもちろんなし。ほかのナッツでももちろん大丈夫) 5~6個 小さくくだく
オリーブオイル 大1
にんにく  あってもなくても)つぶしておく
チーズ(私はパルミジャーノがあったのでそれ。ほかには粉チーズやピザ用のチーズなんかでも)
塩こしょう

フライパンに
オリーブオイルとにんにくをいれ火にかける
いい香りがしてきたら、ベーグルとクルミを入れる
2~3分炒る。
チーズを入れて絡める。
塩こしょうで味をととのえる。

これは、サラダにクルトンがわりに混ぜても美味しい。

是非是非、作ってみてください。


それでは、次のバトンは・・・じゃ~ん。
上田まり子さん
http://diary.mariko.biz/
え?なんで、まり子さんと私がつながっているの??って??
キャラのかぶらない二人ですものね~。
作っているものは同じパンなのに・・・
でも、私たち仲良しなんですよ、笑。

もともとは、お互いパルコ出版でお世話になっていることから
お話するようになりました。
二人でご飯を食べに行ったりもします。

撮影、編集スタッフさんからは
本当に真逆なふたり。と、言われていますが
(まり子さんは貴重面。私は底知れぬ、おおざっぱ)
いいんです、笑。
私たち仲良しなのです、ほっといて。笑。

というわけで次回まり子さん宜しくお願いします!
nice!(1) 

nice! 1